NTT DATA Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータ北陸

地方公共団体向けサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」を北陸地域(エリア)2市に提供

2019年11月26日

地方公共団体向けサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」を北陸地域(エリア)2市に提供

株式会社NTTデータ北陸(以下:NTTデータ北陸)は、株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)が2019年10月31日より地方公共団体向けAI-OCRサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」(注1)を提供開始したことに伴い特約店契約を締結しました。

北陸地域での販売を開始し、2019年11月より北陸地域(エリア)2市に提供しています。

本サービスは、スマート行政の実現や働き方変革を支援するサービス「NaNaTsu」シリーズの一つであり、AI Inside株式会社(以下:AI Inside社)の「DX Suite」(注2)をAI-OCRエンジンとして採用した、手書きの各種申請書類等をテキストデータに自動変換するものです。

地方公共団体専用のセキュアな閉域網LGWAN(注3)を活用し、安全にデータの授受が行えます。本サービスを利用することで、地方公共団体ごとにシステムを構築する必要がなく、従量制の年額利用料のみで紙資料のテキストデータ化が可能です。

【背景】
近年、地方公共団体は、将来的な労働力不足を見据え、業務をAI・ロボティクスで自動化し、職員は市民サービスのさらなる拡充に注力する、スマート行政への転換の機運が高まっています。

これまでNTTデータグループでは、一部の地方公共団体と、WinActor導入の効果やAI-OCRの実用性について検証を進め、AI-OCRが地方公共団体の紙帳票のデジタル化に対して有効な手段の一つであることを確認してきました。

そこで、2019年10月31日より、NTTデータの地方公共団体向けAI-OCRサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」としてサービスが開始されたことに伴い、NTTデータ北陸は北陸地域に向け本サービスを提供開始することにしました。

【NaNaTsu AI-OCR with DX Suiteについて】
AI-OCRサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」は、地方公共団体向けのサービスです。

NTTデータにて提供するサービスであり、NTTデータ北陸はその特約店になります。

「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」はスマート行政の実現や働き方変革を支援するサービス「NaNaTsu」シリーズの一つとして提供します。

手書きの各種申請書類をスキャンした画像ファイルを、クラウド上に構築したAI-OCRサービスにアップロードするだけで、自動変換されたテキストデータをCSV形式で取得できるようになります。

主な特長は下記のとおりです。

■RPAツールとの組み合わせにより作業時間の大幅な削減
「WinActor」や「WinDirector」などのRPAツールと組み合わせることにより、申請書類の入力から基幹システムでの受付処理まで、トータルに自動化することが可能です。

■セキュアな環境での利用が可能
クラウドセンターとの接続は、閉域ネットワークLGWANを使用しています。また、読取エンジンもLGWAN上に構築しているため、セキュアな環境で利用することができます。

■システムの構築やソフトウェアのインストールは不要
オンプレミス型AI-OCRシステムの構築や、パソコンへのソフトウェアのインストールの作業が不要です。

【今後について】
NTTデータ北陸は、RPAツール「WinActor」や活用応援サービス「NaNaTsu」、AI-OCRサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」をはじめとし、スマート行政の実現や働き方変革を支援していきます。

(注1)AI-OCRとは、従来のOCR技術とAIとを組み合わせ、学習した内容に基づいてルールを見出して読み取る技術のことで、紙や画像中に記載された手書きの漢字や数字などを、高い精度でテキストデータに変換します。

(注2)「DX Suite」は、大量の紙書類を高精度で仕分け・データ化し、業務効率化を支援するAI-OCRソリューションです。NTTデータのサンプル帳票による読取テストでは、手書き文字の認識精度約98%という結果となりました。

(注3)LGWAN(Local Government Wide Area Network)とは、各地方公共団体や中央省庁との間の情報交換を目的とした、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が運営する行政専用ネットワークです。
インターネットから切り離された閉域ネットワークであり、高度なセキュリティーを維持できます。

(注4)WinActorは、2010年にNTTアクセスサービスシステム研究所で生まれた技術をベースに、2013年にNTTアドバンステクノロジ株式会社が製品化に成功した、純国産のRPAソリューションです。

*「NaNaTsu」は日本国内における株式会社NTTデータの商標です。
*「WinDirector」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
*「DX Suite」は日本国内におけるAI inside 株式会社の登録商標です。
*「WinActor」は日本国内におけるNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ北陸
リージョナルビジネス事業部 自治体担当
渡辺、玄海、森
電話:076-224-3450

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている内容は発表日現在の情報です。
その後、予告なしに変更される場合がございます。予めご了承ください。